高尾霊園ブログ

2009年04月の記事一覧

祝日

04月29日

投稿者:hiro.

本日は、昭和の日です
昭和天皇の誕生日です

2007年から新たに加わったようで、今のところ最も新しい祝日のようです

先日、北海道では30cmも雪が降ったようで…なんだかそんか感じでしたっけ?この時期は…


4月終わりから10月にかけて、八王子市内の曹洞宗寺院では始まるものがあります

各寺院で、お檀家さんを集めての供養法要「施食会」(せじきえ)という行事が始まります
もちろん高乗寺・春泉寺も9月に施食会を行っています

それぞれのお寺の施食会に行きますので、特にこの時期は毎週土日は午後2時頃から施食会法要になります

施食会が始まると、なんだか暑い季節がもうすぐそこだな~なんて考えてしまいます

トラックバック(0)

コメント(38)

コワいです

04月28日

投稿者:hiro.

今朝は若干肌寒く感じました

豚インフルエンザの警戒レベルが「4」に引き上げされたようです
相当な緊急事態だそうですよ
なんだか、だんだん怖くなってきましたね、人から人へ感染するということらしいので…
全世界で感染者が拡大しているようですね
GW中に海外に行かれる方も多いようですが、大丈夫でしょうか?


みなさんどうお過ごしでしょうか?
まだ連休でない方も多くいらっしゃいますよね

しかし、また明日も暦では休日です
一昨日が日曜だったのに…


私はもちろん連休なんてとるつもりなかったので、いいんですが…

トラックバック(0)

コメント(20)

GW

04月25日

投稿者:hiro.

本日、ゴールデンウィーク初日は雨ですね
八王子の方では、気温も低く、結構な雨になるようです

この連休も天気が良くなれば、少しは消費に繋がるのではないでしょうか…


しかし、高尾山には車ではなくて、電車でいらっしゃった方が良いかと思います
駐車場には限りがありますし、帰りは渋滞しますし…

たまに高尾山口近くで駐車場が見つからなかった方が、高尾霊園春泉寺の駐車場に止めて、高尾山に登る方もいらっしゃいますが(その時は、一言事務所にお伝え下さい!)、さすがに春泉寺から高尾山口までは遠い気がします
距離で2キロ程ですので


とにかく、連休中は天気に恵まれるとイイですね

トラックバック(0)

コメント(34)

大型連休

04月23日

投稿者:hiro.

そろそろGWが始まりますね!
中には最大16連休も取れる方もいらっしゃるとか…
そういう方々は、普段から休みなしで働いていらっしゃるのでしょうね
今年は、海外に行かれる方が昨年よりも多いようです

それにしても羨ましいです…

何を書こうかとカレンダーをジーっと見ていたら、今日から永平寺で受戒会(じゅかいえ)が始まっています
写真は、受戒会中の永平寺の山門です


受戒会とは、坐禅をしたり、法要に出たり、お説教を聞いたりと、仏道を実践して、十六条の戒律(三帰戒(さんきかい)、三聚浄戒(さんじゅじょうかい)、十重禁戒(じゅうじゅうきんかい))を授って、戒名を授かる儀式です
4月22日から29日の1週間、永平寺へ泊まって修行し、禅師様より血脈を頂きます


今年は昨年の1月に御遷化されました、前永平寺管首 七十八世宮崎奕保(えきほ)禅師の1周忌も25、26日で行われるようです

トラックバック(0)

コメント(82)

新緑

04月22日

投稿者:hiro.

今日は暑くなるみたいですよ!
日中は25℃位まであがるようです


高尾霊園春泉寺の方は、桜も殆ど葉桜になってしまいましたが、これからが新緑が綺麗な季節です

写真にも写りこんでしまいましたが、高尾霊園の管理の従業員が、外をブロワー(風で落ち葉等を一箇所にまとめる掃除道具)で吹いています
これだと早いんです、慣れればですが・・・
どんどん綺麗になっていきます

今は、桜の『額』が大量に落ちていますので、地面が真っ赤です


綺麗に言えば、レッドカーペットみたいですね


トラックバック(0)

コメント(66)

おはようございます

04月20日

投稿者:hiro.

春泉寺の毘沙門天を移動しました

実は毘沙門天は、春泉寺本堂の向かって左側にまつられていましたが、余りにも日の目を見ることが無かったもので、管理事務所に移動することにいたしました

実は、この春泉寺の毘沙門天というのは享保十七年(1732年)春泉寺には、このお寺の辺り『梅ノ木平』の名前の由来になった「梅平庵」という毘沙門堂がありました
その毘沙門堂は災害により倒壊してしまいましたが、この木彫の毘沙門天を残すのみとなってしまいました

色彩も鮮明に残っており、保存状態もよく、厨子の中に入っております

残念なことに、春泉寺に関しましては、昔の文献等が残っておりませんので、『なぜ毘沙門天がいたのか』『どなたが作ったのか』といった詳しいことは分かりません


毘沙門天は、四天王の一人で、仏の世界の北方を守る守護神です。ですから、鎧を着ていますね

お釈迦様の説法をたくさん聞いて、多聞天(たもんてん)とも呼ばれています
法の守り手として、お釈迦様の教えと、その教えを行じている皆様をお守りしています


じつは、もう一つ!
何故か春泉寺本堂に昔からあるおみくじの箱も、毘沙門天の横に一緒に移動いたしました
箱には春泉寺の20代目の住職が作ったようです
私が31代目なので、かなりの年代ものですね


SelfServiceとなっておりますので、オミクジやってみて下さい!!

トラックバック(0)

コメント(73)

hiro.

04月17日

投稿者:いつの間にか

4月も半分を終えて、この雨で桜もほとんどが葉桜になってしまいました

なんだか寂しいですね
しかし、新緑もキレイです!!


お知らせです

長野県の諏訪市美術館で、「東原徹」遺作展が行われます
期間は、平成21年5月16日(土)~6月7日(日)です

東原徹さんは、高乗寺にも作品をご寄付していただいております
『龍雲』という作品は、まさに龍雲山高乗寺の名に相応しい作品です


お見せできないのが残念なのですが、協力として高乗寺も入っていまして、諏訪市美術館にも作品をお貸しすることになっています
高乗寺にある作品は、とても大きな作品なので、運ぶのが大変そうですが…

少し遠いですがよろしければ

トラックバック(0)

コメント(29)

だいぶ

04月14日

投稿者:hiro.

高乗寺・春泉寺の桜も葉桜になってきました
ツツジが咲いている所があります


これからは新緑の季節ですね
春泉寺周辺の山々も、少しずつ緑がかってきているのが分かります
高尾山も「若葉まつり」(?)と書いてあったような緑の旗が沢山出ていました

しかし、今日は午後から雨…
久しぶりの雨なので良いのかもしれませんが、早く桜の花びらを掃除しておかないと、アスファルトに張り付いてしまいます

そして、これからは桜の「額」が落ちてくる季節です
去年もこんな内容を書いたような気がしますが…


何かで見たのですが、桜の木(ソメイヨシノ?)は寿命が40年だそうです

ということは、高乗寺にあります800本の桜は、あと10年近くで寿命なんでしょうか?
全部枯れてしまうのでしょうか?

どうか教えて下さい!!

トラックバック(0)

コメント(84)

総持寺

04月13日

投稿者:hiro.

鶴見の総持寺に行ってまいりました

総持寺は、福井の永平寺に並んで、曹洞宗の両本山と呼ばれています


総持寺には、高乗寺の先代の住職のお位牌がまつられています(モチロンうちだけではありませんよ)
この時期に、そういった方々のお寺さんを集めて、合同の供養法要を行います
導師は、総持寺の禅師様(総持寺の住職)です


近いようで、なかなか総持寺に行く機会がないのですが、八王子から1時間とちょっとで行けるので便利ですね!
参禅会や、写経もやっているみたいですので、本山でのそういった体験も良いかもしれません

トラックバック(0)

コメント(60)

また一つ見つけました

04月11日

投稿者:hiro.

見つけちゃいました!
高乗寺のイイ景色スポット


お昼過ぎに、高乗寺の観音様まで上ってみたのですが、今日は少し風もあって、桜吹雪が舞っていたのですが、それを見下ろす感じで見る景色がとても綺麗でした
なんだか、深呼吸したくなるような気分です


写真は撮れませんでした、というか写真では表せません!
しかも、今だけしか見れません!
皆さん、お参りの際は是非!観音様からの景色をご覧になってください!!

トラックバック(0)

コメント(8)

このブログについて このブログは高尾霊園の人々によるブログです。 霊園に関する催しや葬儀に関する事柄をわかりやすく説明したり、日々の事柄を気ままにつづっています。 霊園というとなにかと固く思いがちですが、どうぞ肩の力をぬいて気楽にお楽しみください。